【2019年6月】Googleアドセンス審査通過までは長い!3回目で合格した話

2019年6月15日!Googleアドセンス審査通過しました!!

WordPressでブログを始めて2カ月半…3回目の申請で

アドセンス審査通ったーっっ!!やったー!!

長かった…本当に長かった…!!

Googleアドセンス審査に関する記事は多数ありますが、私が審査通過までに参考になった内容を今回まとめていきます。

1回目・2回目・3回目と順を追っていきます。

もし審査に通らなかったら…という解決策も載せました。

良かったらご覧くださいませ!

審査落選の原因と審査期間の長さ

私が初めてGoogleアドセンスの審査を申請した時のブログ状況はこちらです。

  • WordPress/テーマ→アルバトロス
  • サーバー→MixHost
  • google serch consoleとアナリティクスの設定なし
  • プライバシーポリシー・お問い合わせ設置なし
  • 記事数5
  • 平均文字数1000字

これだけ見ていただければ、わかると思いますが、Googleアドセンスの審査の厳しさなんて何も知らずに

「とりあえず申請してみよっと!」

という感じでポチっとアドセンスに申請したのです…

なんと無知なことでしょう…この時にはアドセンスとの闘いがこんなに長く厳しいものとは知らずに

結果…最大3日かかると言っている審査結果が…

2週間経っても結果が来ない!!

ということで、さすがにググってみました。

  • 無料ブログでは審査は通らない
  • google serch consoleの設定は必須
  • プライバシーポリシーとお問い合わせ設置も必須
  • 記事数は10記事以上
  • 文字数は1,500文字以上

検索結果は以上の通りでした。

審査結果が来る前だから間に合うかもしれない!と、急いで改善しました。

そして大前提にプライバシーポリシーに違反してないことも必須です。

Google 広告が掲載されるページには、以下を含めることはできません。

  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • ご自身や他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
  • 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
  • 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促したり、差別を助長したり、誹謗したりしているコンテンツ
  • 過度に下品な言葉使い
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 望ましくないソフトウェアのポリシー(英語)に違反するソフトウェアやコンテンツ
  • 不正なソフトウェアやアドウェア
  • 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
  • 絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
  • アルコール飲料のオンライン販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方薬の販売
  • 武器、兵器または弾薬 (銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど) の販売
  • 武器や兵器の強化や組み立て方法(武器や兵器の 3D 印刷、改造キット、8 割方完成した銃部品など)の指南
  • 授業や講義の課題や提出物の販売、配布
  • ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

AdSenseプログラムポリシーから引用

この、「アダルト・薬物・暴力・アルコール・たばこ」は非常に厳しいです。

アドセンス審査では、この単語が入っているだけでアウトになる可能性もあります。今すぐに削除や言い換えをしましょう。

さらに記事内容は一番重要視されています。

  • ユーザーにとって価値のあるコンテンツ
  • 独自性のあるコンテンツ
  • コピー・リライトされてないコンテンツ

以上の内容でないと審査は通りません。

一回目のアドセンス審査申請日4月15日から2週間と2日後、4月30日に結果が来まして

私は「価値の低いコンテンツ」と判断され、落選しました。

2回目の審査「コピー・リライトされたコンテンツ」

2回目はドメインを新たに取得し、“Googleアドセンス審査用ブログ”を作成しました

2つのブログで、“審査用記事”と“書きたい記事・アフィリエイト記事”を分けておきたかったからです。

上記の内容を踏まえ、編集した内容はこちらです。

  • WordPress/テーマ→SANGO
  • サーバー→MixHost
  • google serch consoleとアナリティクスも両方を設定
  • プライバシーポリシーとお問い合わせ設置済
  • 記事数10記事
  • 文字数1800文字前後

元々アルバトロスが使いづらかったので、SANGOに変更しました。

文字数は1,800文字を目安に充実した内容を意識し、申請時は10記事です。

子育て・入院・ポイントサイトの記事を削除し、“お金”に特化した内容でまとめました。

これで、申請を出し2日後に落選メール…

原因は「コピー・リライトされたコンテンツが存在しています」との事。

え!?全部オリジナルなんだけど…

誰か私の記事をパクった!?

考えて考え抜いた末…気づいたのが

もしかして!!

SNS!?

プロフィール画像とか同じかも…

TwitterやFacebookなどをやっている方は注意して下さい!

私はアメブロでリンク飛ばしでブログ紹介などをしていたので、冒頭部分の記事が丸被りだったことに気づきました。

さらに画像やイラストも注意です。オリジナルでも、SNSで多用していると“コピーされたコンテンツ”として認定されてしまいます。

ブログがSNSかどちらかの内容を一時的に削除しましょう。

3回目の申請…女神に出逢う!!

  • 2回目の内容の「コピーコンテンツ」を徹底的に排除
  • サーバーをXサーバーwpXへ変更
  • 記事数11記事

これで6月13日に申請、15日に「おめでとう!」のメールが…!!!

キター!!!

やっと通過しました。長かった…

アドセンスでよくある疑問

土日祝日も審査してるの?

やってます。1回目はゴールデンウィーク期間中でしたが結果が来ました。合格時には夜中2時にメールが来たほどです。

画像は使用しない方がいいって聞くけど、本当?

フリー素材と自分で撮った画像ならOK!実際に私もフリー素材をアイキャッチ画像に設定してました。

アフリエイトリンクは貼ってもいい?

貼っていても審査通過した!という方もいますが、貼らない方が無難です。リンク自体避けた方がいいです。

アドセンス関連記事を検索するならTwitterがお勧め

アドセンス審査に通らずに悩んでいると、とりあえずググってみますよね。

でも、ググった情報は2018年以前の内容が多く、参考にならない場合が多いです

審査基準は年々厳しくなっていますので、情報を得たい時は以下のようにしましょう。

  • Google検索で「2019」と必ず入れる。
  • Twitter内で検索、合格者のブログで審査内容の記事を見る。
  • 「一発合格!」の記事はスルー。

このように探すと、最新の審査情報が手に入ります。

「一発合格!」の記事を見ても何も参考になりませんので、「10回目で合格!」など、苦労した方の記事が有益です

是非お試しくださいませ。

諦めずに何度も申請しましょう!

落選するってすごくツラいですよね。

ブログを全否定された感覚になって、しばらくへこみますよね…やる気もなくしてました…

「ずっと審査に通らなくても、書きたいことは縛られずに何でも書けるし、ASPアフィリエイトで稼げばいいや!」

と割り切り、上記したように“審査用”と“アフィ用”と分けました。

これがあったから、精神的にも余裕でいられましたね。

何度も落ちてツラいなら、別ドメインを作って、良い記事ができたら申請していくとメンタルが持ちますよ。

少しでも、アドセンス合格の参考にされば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です