ペット保険の掛け金と、実際の医療費っていくら?総額を比較!

犬や猫を飼っているけど、ペットの医療費は高額…

ペット保険ってどうなの?

こういったお悩みは多いですね。統計的にも近年ペットを飼う世帯は増えています。

平成30年の全国犬猫飼育実態調査によると

推計飼育数と飼育世帯率

犬→7,154世帯・12.64%

猫→5,539世帯・9.78%

という結果が出ています。10世帯に1世帯は犬または猫を飼っている、ということになりますね。

さらに人間だけでなくペット達の平均寿命は延びてきています。

平均寿命

犬→14.29歳

猫→15.32歳

人間の年齢に換算すると、どちらも77~80歳くらいですから、かなり高齢化していますね。

ペットの高齢化で問題になるのが、ペットの医療費の支払いです。ペットは保険が効かないので人間よりも高額になります

ここで皆さんが思い浮かべることは“ペット保険”ですよね。

結論から申し上げますと、

ペット保険に加入してもいいし、加入しなくてもいい!!

実際にペット保険の掛け金と、実際の医療費を比べてみて考察していきましょう。

ペット保険の内容と掛け金

ペット保険の保険料は、犬種(猫種)・年齢によって金額が異なります。

よくある契約プランだと

通院1日あたり1万円

入院1日あたり3万円

手術1回あたり15万円

というプランが、よく選ばれています。

最低限の補償で良いなら月1,000円ほどのプランもありますが、上記のプランの相場は2,500~5,000円ですね。

ちなみに2歳のトイプードルだと、月3,000円ほどです。

このプランで2歳~14歳までペット保険を契約すると、総額43万2,000円にもなります。

高齢になると掛け金が上がる契約などもあるので、この倍の80万円近い金額を払う可能性もありますよね。

この金額が高いのか安いのか?実際の医療費の相場もご説明します。

動物病院の医療費

生涯に払うペット治療費は「犬は100万円、猫は60万円」と言われています。これはワクチン代なども込みの金額です。

実際に病気になった場合はどうなのか?説明していきます。

動物病院でも診察代や治療費は、病院によって価格設定が異なります。特に法律で決められていないので、自由に価格設定が可能なためです。

医療費の相場をまとめると

診察のみ→5千~2万円ほど

手術+入院→20万円ほど

《猫》一つの病気での治療費の最大金額の平均→54,197円

ちなみに、猫の場合、「一度も病気にかかったことがない」というのは全体の18.2%です。逆を言えば、80%以上のペット猫が何かしらの病気にかかっている、ということにもなります。

これだけ見ると

やはりペットの医療費も病気になる確率も高いから、ペット保険は必須だな!

と思われますよね。

掛け金と比べるとどうなるか?次です。

掛け金と総額医療費はトントン

人間の生命保険の話でもよく言っていますが、保険料分を貯蓄できるならペット保険は不要です

さらにペットにどれだけ医療費を掛けられるか?といった価値観も人それぞれ違いますので、生涯に払う治療費は20万円ほどだった、という方もたくさんいらっしゃいます。

  • 一度ぐらい病気になるのは人間でも当たり前で、もし2回手術と入院をしても40万円程。
  • ただ診察を受けただけでは保険金は下りず、条件がある。
  • もちろんワクチンや予防接種は保険の対象外。

以上が気を付けたいポイントです。

ちょこちょこ診察を受ける程度では保険金は下りず、やはり大きな病気の場合のみ対象となることが多いです。

先程の計算で保険料の支払い総額が安くても43万円でしたので、これと上記の40万円と比べても大差ないですよね

ペット保険に入っても入らなくてもどっちでもいい、ということの裏付けになります。

心配な方はペット保険に加入しよう

人間は健康保険が充実しているので生命保険は不要ですから、ペットには保険を掛けておいても損は少ないです。金額から試算すると本当にどっちでも問題ないです。

しかし、大事な家族に何かあったときに最高の治療を受けさせてあげたい、と思うのは当然のことです。そのときにお金の心配をしたくない方は、ペット保険への加入をお勧めします。

お役に立てますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です