住宅ローンの借入可能額と返せる額は違う!限度額いっぱい借りると破綻します。

せっかくマイホームを買うなら、限度額ギリギリまで借りて立派な家を建てたい!

ほとんどの方が一生に一度は、夢のマイホームのために住宅ローンを借りますよね。

そこで上記のように「素敵な家にしたいから、借りられるだけ借りちゃえ!」と考える方は多いものです。

しかし…借入可能額いっぱいで借り入れてしまうと…

住宅ローン破綻の危険がありますよ!!

身の丈に合わない住居のためにローンを組むのは、結果として何十年も支払いが苦しくなるだけです。

今回は、その裏付け理由と、住宅ローンの「借入可能額」と「返済可能額」の違いと計算方法についてご説明していきます。

住宅ローンの借入可能額はどれぐらい?

一般的に住宅ローンの借入可能額は「年収の10倍」と言われていますよね。

実際に金融機関が融資額を提示する場合にも、返済比率の上限を35%としているところが多いです。

年収×返済負担率35%=年間返済額

で提示します。

これで計算すると、年収400万円の場合→年間返済額140万円・借入総額4,900万円、という結果になります。

しかし、この借入額ですと月返済額は約11.7万円になります。

年収400万円の手取り月収は26万円程ですので、住宅ローン返済だけで45%も占めてしまうことになってしまうのです。

これではローン返済に追われる人生になってしまいますね。

これが、借入可能額いっぱいで住宅ローンを組むと破産の危険な理由です。

もし、なんとか返済できたとしても、他の支出項目をかなり切り詰めないといけません。貯蓄ゼロ・子供の進学は公立のみ、など制限がかかってきます。

貯蓄ゼロは万が一の場合にはリスクがありますので、返せる額でローンを組むのは必至となります。

では、返せる額っていくらなのか?次です。

住宅ローンの返済可能額の計算

これは、適正家賃額を算出すればOKです。

適正家賃額の計算では収入の25%以内が基本です。

年収400万円の場合は月8.3万円が適正な数字ですね。

しかし、実際には住宅ローンの他に固定資産税の支払いも発生してきますので、無理なく返済していくには年収の20%以内がお勧めです。

年収の5~6倍といったところですね。

こちらに年収別「借入可能額」と「無理なく返せる額(20%で算出)」を表にしました。

年収 借入可能額(月返済額) 返せる額(月返済額)
300万 2571万円(7.5万) 1714万円(5万)
400万 3999万円(11.7万) 2285万円(6.7万)
500万 4999万円(14.6万) 2856万円(8.4万円)
600万 5999万円(17.5万) 3428万円(10万)
700万 6999万円(20.5万) 3999万円(11.7万)
800万 7999万円(23.4万) 4570万円(13.4万)
900万 8000万円(23.5万) 5142万円(15万)
1000万 8000万円(23.5万) 5713万円(16.7万)

フラット35での借入限度額は年収2,000万円であろうとMAXで8,000万円までです。

借入可能額だけでみると返済は厳しいですよね。

返せる金額だと、今までの家賃と同じくらいだと思われます。

住宅ローン審査は年収だけじゃない

金融機関からしたら多額のお金を貸し付けるので、年収のみを基準にしている訳ではありません。

他社からの借入の有無

年齢

健康状態

雇用形態・職業

上記のような条件も加味して審査されます。

年収400万だから3,000万円は借りれるだろうと思っていても、実際には2,000万円しか借りられないといったケースは多いです。

大体が自動車ローンやカードローンの返済中だったり、契約社員など、不安定な雇用形態の場合が要因となっています。

希望額まで借りたいのなら、

  • 今ある借金を返済する。
  • 正社員になる。
  • 若いうちに借りる。
  • ペアローン(夫婦連名)で借りる。

といった方法を取ってください。ちゃんと上記の“返せる額”を目安にして借入をしていきましょう。

身の丈に合った返済プランを立てよう

マイホームの理想ばかりが先走ったり、見栄を張った住宅にしてしまうと、これから30年以上も重い支払いに追われることになります。

世帯年収の6倍に収まらないようなら、物件の再検討は必須です。

住居も大事ですが、他に教育費、老後資金も用意していく必要がありますし、趣味や旅行もたのしみたいですよね。

無理なく住宅ローンを組んでいきましょう。

お役に立てますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です