火災保険の選び方って?戸建てはもちろんマンションを購入したら契約しよう。

マイホームを購入したから、火災保険に入らなくちゃいけないけど…どう選べばいいの?

こういったお悩みは多いですよね。

賃貸ですと、管理会社が加入している保険に強制加入され、年1万円程度払うのが一般的です。自分で火災保険を選ぶなんて皆無でした。

“家を守る保険”には火災保険と地震保険があり、火災保険は契約必須で、地震保険はプラスαで加入するものです。地震保険のみの契約はできません

加入先は

  • 住宅ローン借入先で紹介してもらう。
  • 自分で調べて選ぶ。

の二択です。

前者の場合、団体扱いで保険料が多少安くなる一方、契約者が保険金受け取れないケースもあります

質権設定の問題で、保険金が金融機関に支払われてしまう場合があるのです。最近では質権設定がなくなってきているので、念のため借入金融機関に確認を取りましょう。

後者の自分で調べる場合、

そもそも、火災保険って何?どこまで補償してくれるの?

という基礎の基礎を知らない方は多いですよね。実は私もFPになるまで全然知りませんでした。。。

今回はその基礎から、火災保険の選び方まで解説していきますね。

火災保険の補償内容

火災保険も地震保険も、補償対象は「建物」と「家財」に分かれます。

建物と家財で一緒に加入する

建物と別で、家財で単独で加入する

建物の火災保険だと、家財は補償されないので注意です!!

建物と家財で火災保険に加入していたら、万が一家が全焼・全壊になっても両方から保険金が受け取れます。

家財については後述します。

火事以外も補償されます!

火災保険は火災以外にも、落雷・破裂・爆発・風災・ひょう災・雪災などの自然災害での損害を補償してくれます。

一方で

  • 水災・水漏れ・盗難
  • 建物外部からの飛来物の落下・衝突
  • 暴動で窓が割れた等
  • 突発的な事故による破損(家具をぶつけてドアを壊す等)

などの補償はしておらず、保険会社の商品によってはプラスして契約する必要があります。

さらに他人に被害を与えた場合には、個人賠償責任補償などの特約をセットで契約していると補償されます。

補償額は家の価格と同じだけ補償されるの?

建物の火災保険の保険金額は、

同等の家を再建する金額=再調達価額

を基準に設定します。以前は時価で保険金が支払われるのが通常ですが、建物の築年数によって時価は減少してしまいますよね。

最近は最調達価額での契約が通常なので、築年数が経っても再築の建物価額が補償されます。

もちろん土地代は含まれません。マンションの場合は専有部分のみの建物価額になります。

戸建てかマンションかで契約内容は違う?保険料は?

まず火災保険は、“都道府県”と“建物の構造”によって保険料水準が異なります。つまり、契約内容は戸建てとマンションで同じでも、保険料は違います。

保険料は、戸建てよりマンション、さらに耐火・準耐火構造の建物の方が安いです。例えば、コンクリ造のマンションは保険料が安く、木造の戸建ては高い、ということになります。

基本的に火災保険は充実プラン・マンション向けなどのセット売りが多いです。(特に大手保険会社)

しかし、ネットなどで申し込むタイプの火災保険は、必要な補償を自分で追加できる仕組みです。

これを利用して、住居によって必要な補償だけ付ければ、保険料を抑えることができます

マンションの高層階に住んでいれば、水災リスクはほぼゼロですので、“水災補償なし”という選び方もできます。

家財の補償は必要?

正直申し上げると、貯蓄がある程度あれば家財の補償は不要です。

ちなみに家財の再調達価額の目安を年代・家族構成別にまとめてみました。

夫婦2人 夫婦と子供
25歳前後 490万円 580~760万円
35歳前後 920万円 1000~1180万円
40歳前後 1130万円 1220~1390万円

ちなみに単身世帯は300万円ほどです。

年を取れば取るほど、子供も大きくなり家財も増える、といった印象ですね。

子持ち家族の金額が幅広いのは、子供の人数によって変わるためです。

ミニマリスト家庭だとこんなに大きな金額にはなりませんので、我が家はどのぐらいか?ざっくり把握しておくといいですね。

ちなみに家財の補償対象は家具・家電・衣類などです。

貴金属や美術品などで1個30万円以上のものは補償対象にならない場合があります。時価になるか一定額まで支払われるか、が普通です。

必要ならば、保険加入時に確認し、「特記事項」「明記物件」として申請しておく必要があります。

さっそくネットで調べてみよう

  • 戸建ては水災補償も付けよう!
  • 共同住宅の4階以上なら水災補償なナシでOK
  • 家財の補償は貯蓄があれば不要、貯蓄がないor高額品があれば加入しよう。

まとめるとこんな感じです。大手よりネット専業の保険会の方が保険料は安いですが、医療保険などに比べると大差ないですね。

さっそく調べてみましょう!良ければこちらもチェックしてみてください。

火災保険の比較はこちらから

火災保険一括見積もり依頼サイト

お役に立てますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です