教育費がかかる時期の乗り越え方

住宅ローンを繰り上げ返済したいのに、大学進学費用も払っていて毎月カツカツ!

子供が公立に落ちたらどうしよう?私立っていくらかかるの?ローンの借り換えってどうなの?

などとお悩みではありませんか?

子供を持つ親だと必ず通る教育費の悩み。子供が高校~大学生の時期は教育費が一番かかる時期に、同時進行で返済中の住宅ローン。

この時期が人生で一番お金のかかる時期ですよね。子供が二人いれば教育費は倍になります。

特に近年では結婚・出産の年齢が上がり子育てや親の介護、自分の老後に向けての準備も重なってしまうこともあります。

この不安を解消するためには“これからどのくらいお金がかかるのか?”を知る。そして“そのお金をどうやって準備していくか”を考える必要があります。

二回に分けてご説明していきます。今回は前編の教育費のお話です。

そもそも教育費っていくらかかるの?

教育費は他の支出と違い、お金がかかる時期が決まっている支出です。子供が小さい内から準備しておくことで乗り切ることが可能になります。

高校全日制3年間 大学昼間部4年間
公立 約123万円 約533万円
私立 約316万円 約706万円

下宿して仕送りする場合は年100万円はみておきましょう。

金額を見てどう思いましたか?やはり大学進学はお金がかかりますよね。大学費用をその時の収入でカバーできれば悩む必要はありませんが、そんなご家庭は多くありません。

これをどのように準備していくか?次をご覧ください。

教育費の準備方法

学資保険

正直言うと学資保険で準備していくのはもう時代遅れです。

マイナス金利なので預金とあまり大差ないです。

しかし、預貯金だと引き出してしまいそうな人は学資保険で準備するのは有効です。

児童手当を全額貯める

0~15歳まで満額だと、全部貯めれば中学卒業には198万円になります。これで私立高2年間は問題ないですね。

手取り月収の10%を積立貯蓄する

手取り20万なら毎月2万円ですね。これを小学生のうちに貯めると144万円になります。共働きでしたらもっと貯められますね。さらにボーナスも全額貯めたら大学費用まで十分貯められます。

もうすでに子供が中学生で全然貯まっていない場合、とりあえず高校三年生時点で「受験費用+入学金+前期授業料=150万円」を準備できていると資金繰りがラクになります。

お金を用意出来なかった場合は奨学金と教育ローン奨学金

奨学金

給付型奨学金ならなんと返済不要です。

貸与型奨学金は要返済です。無利息の第一種奨学金、利息付きの第二種奨学金があります。

給付型と第一種は子供の学力や家計収入などの条件をクリアする必要があります。

教育ローン

教育ローンは教育一般貸付(国の教育ローン)が主流ですね。

子供の人数によって所得の上限額も違ってきますが、子供一人あたり最高350万円借り入れ可能です。(海外留学は条件付きで最大450万円まで)

固定金利年1.71%(2019年6月15日現在)ですので、自動車ローンと大差ない金利で借りられます。それに最長15年の長期返済が可能ですから、毎月1万ずつなど少額で返済していけます。

ただし、住宅ローン・自動車ローンも同時に返済中の場合、審査が通らない場合もあります。せめて自動車ローンは、申請前に完済しておきたいですね。

まとめ

・赤ちゃんの時から、児童手当と手取り収入10%を貯めておく。

・奨学金・教育ローンも視野に入れておく。

子供が産まれた時点でコツコツ最大額まで用意しておくのが理想です。

しかし近年では共働きでやっと生活できる世帯、給付を受けて生活しているシングルマザー(ファーザー)が多くなってきていて、奨学金制度を利用する学生が増えています。

そもそも大学に行きたいのか?専門学校だとどうか?将来どうしたいのか?子供と進路についてよく話し合ってみましょう。

次回は後編の「住宅ローンについて」と、本題の「教育費と住宅ローンのダブルパンチをどう乗り越えるか?」です。教育費と住宅ローンのダブルパンチでカツカツ…どう乗り越える?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です