メルカリ収入は税金がかかるの?確定申告が必要な場合の対処法

メルカリやラクマなどフリマサイトで結構稼いだけど、税金って払わなきゃいけないの?

会社員をしてるけど、副業でバレないようにするにはどうしたらいい?

フリマアプリでの販売は手軽で何でも売れるとあって人気ですよね。私の周りでもメルカリ利用者はどんどん増えてきました。

このメルカリでの収入は税金の扱いがどうなるか、意外と知らない方が多いです。

端的に言うと、フリマ収入は一定金額以上は所得扱いとなり、課税対象になります!!

え!?周りは税金なんて払ってないけど、いくら以上だと税金を払わなきゃいけないの?

今回は「フリマ収入で税金を払う必要がある場合とない場合」をご説明していきますね。

メルカリで課税対象にならないケース

フリマ収入で税金がかからないケースはこちらです。

  • 私物などの不用品のみを販売した
  • 会社員などの給与所得がある人で、その他収入が20万円以下
  • 個人事業主や、収入ゼロの主婦や学生で、年間利益が38万円以下

一般的には物を販売する場合には課税義務が発生しますが、家庭の不用品などの「生活用動産の譲渡による所得」は所得税を課さないと所得税法で決められています

しかし、1つ30万円以上の高額品は例外として課税対象になりますので注意です。骨董品や貴金属、車、土地などを販売した場合はきちんと納税しましょう。

給与所得者には雑所得20万円まで非課税枠が存在しますので、これを活用すれば会社にも副業がバレません。

しかし、個人事業主や主婦などは、この非課税枠はありませんので、フリマ以外の収入も全部合計して年間利益が38万円までなら何もしなくてOKです。38万円を超えると確定申告が必要になります。

確定申告が必要な場合

上記で説明した場合以外は納税義務が発生し、確定申告が必要になります。

メルカリに限らずネット販売の場合、利益を目的として商品を仕入れたり、販売したりすると課税対象として税務署に判断されることがあります

課税対象にされやすいケースはこちらです。

  • 月1,000品以上の商品を出品している
  • 一度に100品以上の商品を出品している
  • 同じ商品を10品以上出品している

明らかに営利目的と思われる場合は要注意です。判断は税務署次第ですので、事前に隠さず税務署に相談するといいですね。

経費を計上して節税しよう

一定以上メルカリで稼ぐ場合に、きちんと売上管理や経費管理の帳簿を付けておくと、節税効果に繋がります

経費の対象となるものを挙げますとこちらです。

  • 送料
  • 梱包材費
  • 在庫を保管する倉庫代等
  • 仕入れの為に使った交通費
  • 通信費

仕入れ値は経費になりません!

仕入れは“金券”みたいなものなので、経費の対象外です。知らずに経費扱いにしてしまう方が多いので注意してください。仕入れの為に使用したお金は経費扱いにできます。

通信費に関しては私物スマホを使用してるケースが多いので、仕事と私用で使っている割合で算出していきます。

帳簿付けはかなり面倒だと思いますが、とりあえず売上管理だけはやっておいて、他の経費はレシート保管だけ、に簡略化するとかなりラクに管理できます。

確定申告と収入が超えた場合の注意点

個人事業主の場合、年間利益が38万円以下なら確定申告の必要はありません。しかし、赤字の繰越をすることで翌年分の税金を減らせたり、賃貸やローン契約の際に収入証明として確定申告書が必要になったりします。さらに国民健康保険料が高くなってしまうケースもあります。念のため毎年確定申告しておくのが無難です。

さらに、旦那の扶養内にいる主婦や学生の場合は、一定所得を超えると配偶者控除などの恩恵を受けれなくなったり、社会保険料の支払い義務が発生してしまったりすることがあります

メルカリで稼いでいても、ある程度の収入では結局は損することになってしまう場合もあるので、注意が必要です。

税金対策もしながら、楽しくメルカリライフを送りたいですね。

お役に立てますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です