プチプラな洋服は最高にコスパが悪い件【散財の元です】

プチプラな洋服は可愛い!安いしたくさん買っちゃおう!

500円で洋服が買えた♡めっちゃお得!

プチプラな洋服は、流行りや可愛いデザインのものが多く、安価な洋服って手が出しやすいですよね。私もたまに購入しますが、最近のものは品質も多少良くなってきました。しかし…それでも私は断言します。

プチプラな服は一番コスパが悪いですよ!!

えー!?安くて可愛くてコスパ最高じゃん!

なんで??

いえいえ、長期的な視点で考えたら、ゴミを増やすだけの買い物です。今回はこの根拠と理由をご説明していきます。

値段の安い服は高い服より品質が劣る

理由の一つに「品質が悪い」がありますよね。今でこそ少し品質は向上していますが、百貨店ブランドなどの洋服と比べると本当に消耗が早いです。

  • 一回洗うと縮れたり型崩れする。
  • 衣類への染色が甘いのか、すぐ色褪せする。
  • すぐ糸がほつれたり、ボタンが取れたりする。(しかも予備が付いてない)

本当にワンシーズン限りだな…と実感します。しかも流行りのデザインや柄だったりするので、その意味でも翌年にはもう着れませんよね。ゴミを買っているだけです。ワンシーズン着倒すつもりなら問題ありませんが、「安いから」という理由で買うのはお金も洋服も勿体ないですね。

安いとたくさん買ってしまいがち

安いという理由で選んでしまうと、「質より量」という感覚になりやすいです。一つ一つは安くても、塵も積もれば大きな金額になります…

ショッピングモールなどで各ショップからセール品を一着すつ購入

→1着3,000円を4ショップで買ったら12,000円に!

これ、一回の買い物でですよ?4着買ったとしても、それを本当に毎日着るのか?と聞かれたら、おそらくノーです。しかも買い物は何回も行くはずなので、3回買い物したら12着で36,000円です。私の経験上、たくさんの洋服を持っていてもお気に入りは2着ぐらいなので結局無駄です。安くても、本当に気に入った服だけ買うなら問題なしです

値段のいい服とコストパフォーマンスを比較

私はそこそこ値段の高い服しか買いません。(最低でも1着1万円~)さらに流行りの服も極力買わないようにし、何年も着れそうなデザインを選びます。(雑誌で言うとリンネル系)

「そこそこお金があるから買えるんでしょ?」と言う方もいますが、全然そんなことはありません。むしろ、安い服をたくさん買う方がお金を使いますよ!!コスパを比べてみましょう。

「1着2万円のコートを毎年購入」と「1着10万円のコートを6年着る」

→前者は6年で12万円、後者は10万円

私は8万円で購入した冬のコートを7年着ています。流行りのないシンプルなダウンコートなので全然飽きず、むしろ気分が上がります。しかも、安いダウンコートって中綿が少なくてあまり温かくないんですよね。そういった機能性でも全然違います。さらに前述したように、安い服を買っていると何着も欲しくなるのでワンシーズン2万円位使う人は多いんじゃないですか?年間で比べてみましょう。

「ワンシーズン2万円、毎年購入」と「1年に20万円使うが6年着続ける」

→前者2万×4シーズン×6年=48万円、後者は20万円

金額で比べてみても、高い洋服を大事に着る方がコスパがいいですよね

安い服を長く着れば、もっとコスパはいいんじゃないの?

という反論もありますが、洋服にこだわりがなく体を隠せればいいという方は、この方法なら確かにコスパ最強です。しかし、ある程度外見にこだわりがある女性だと「安い服を長く着る」というのはなかなか難しいです。

理由は前述したようにこちらです。

  • 長持ちしない。(色褪せ、縮み、毛玉…)
  • 流行りのデザイン・柄なので、長く着れない。(着れるけど恥ずかしい)
  • 安さで購入しているので、すぐ飽きる。
  • 飽きると他の洋服が欲しくなるので、捨てはしなくても着なくなる。

ということで、プチプラで選ぶと逆にお金を使ってしまいます少し高くても「長く着られる」「デザインがシンプル」「素材や作り、機能性がしっかりしている」ものを購入してみましょう

いきなり1着3万円などはハードルが高いので、ワンランク上のショップで購入がいいですね。

しまむら→ローリーズファーム→ビームス→ジャーナルスタンダード→マーガレットハウエル

こんな感じで少しずつ購入価格を上げていきましょう。

安物買いの銭失いをやめよう

これはすべて私の経験上、失敗を繰り返して気付いたことです。おそらく生涯にかけた被服費は600万円は優に超えているんじゃないでしょうか…高額な勉強代でしたが、現在は良いものを長く着るスタイルを確立できたので、無駄な出費ではなかったな、と今では思います。

しかし、ずっと何も変わらず死ぬまで「安物買いの銭失い」をしてしまう方は多いです。もっと必要なことにもお金を使っていきたいですよね。さっそく改善していきましょう。

お役に立てますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です