貧乏・不幸ブログを読むと伝染してしまう件【ミュート必須】

私はブログを書くのはもちろんですが、皆さんのブログを読むのも大好きです。

色んなジャンルの記事に目を通していますが、たまに

「貧乏ブログ」「不倫や離婚など不幸自慢ブログ」を書いている人がいますね。

個人的には絶対読まない方がいいです。

私は以下のブログしか読みません。

ポジティブな内容

元気になれる

勉強になる

自己啓発になる

要は「自分にプラスになる」投稿しか見ません。

投稿以外にも、事件などネガティブなニュースは極力接触しないようにしています。テレビもEテレのみです。

それを見聞きしても、単純にマイナスな感情しか生まれませんよね?

ネガティブな投稿は自分にも伝染してしまう恐れがありますよ!

負のものはミュートしましょう。

今回はこの理由を深掘りしていきます。

貧乏な人を見ても時間の無駄

少々きつい言い方かもしれませんが、貧乏ネタを聞いていても、全然有益ではないですよね。

ただただ「残金1,000円切っちゃいました」「借金が500万円に増えちゃった」とか書いてるだけの内容って…

「だから何??」

って思いませんか?

貧乏アピールしているだけで、何の解決にもならないですよね。

書いている方の自己満で終わりです。

しかも、この手のブログを書いている人は“安物買いの銭失い”をしているケースが多い傾向があります。

他の投稿でも100円ショップやセールで得した、などの内容も目立ちます。

「それ買わなければ残金増えたんじゃね?」

と突っ込みたくなります。。。

私はお金の記事をメインにしているので、すごく気になっちゃいますね。

ただただ貧乏を売りにしているだけで、まったく参考にならないです。こちらまで貧しい気分になって終わりです

しかし、貧乏系でも有益なものも存在します

貧乏から金持ちへ転身

とても美味しい節約レシピ

0円でも楽しめる子供遊び

などですね。

(真実かどうかはともかく)金持ちへの転身は夢が広がりますし、「どのように貧乏を脱却できたか?」という手法やメンタル法も投稿されているので、とても勉強になります。

節約系の投稿は、“今お金がなくて困っている人”向けの解決策を発信していますよね。これ系の内容は為になるので有益です。

貧乏ブログを好んで読む方は、後者の記事を読むようにしましょう。

不倫・離婚ネタはただのスキャンダル

アメブロのトピックスに掲載されているもので多いのが、この“不倫・離婚・親戚不仲”ネタです。

アメブロの利用者層が圧倒的に主婦層が多いので、仕方ない点はあるのかもしれませんが…

芸能人のスキャンダルは、絵的に美しかったりするのでアリですが、ただの一般人の不幸ネタを読んで何が良いのか、さっぱり分かりません。

不幸ネタを見て「私は不倫されてないし離婚もしてないから、この人より幸せよね」と言い聞かせたい人が多いようですね。その方もまた不幸な人です。

私は知らん人の不幸なんて心底どうでもいいです。

プロが書いた不倫の小説でも読んでいた方が楽しいです。

不倫されて離婚したけど、再婚して幸せ♡

義実家とのうまい付き合い方

漫画で面白おかしくした内容

貧乏と同様に、上記のような内容なら読んでみたいですね。

どうせ読むなら、「ストーリー性・エンターテイメント性のあるものや解決策が提示されたもの」を読みましょう。

読者より発信者の方が刷り込まれます

不幸を発信すると、さらに不幸が脳に刷り込まれます。本当に気を付けた方がいいですね。

少しでもブログを書く方は共感していただけると思うのですが、“書きたいことを文字にする”という作業は、すごく頭にインプットされるのです。

さらにブログやSNSでアウトプットしてしまうことで、より刷り込まれます。

例えば、勉強などでも自分で勉強するよりも、誰かに教えながら勉強する方が成績も伸びますよね。これと同じ理論です。

不幸ネタは需要があるので、発信することでアクセス数も伸び、アクセス欲しさにまた不幸を探して発信する、という負のループにハマってしまいます。

要は「ずっと不幸でいなきゃいけない」状態になってしまうのです。

不幸が好きならいいのですが、幸せになりたいなら今すぐやめましょう。

自分の為になるものだけ読みましょう

人は幸せになるために生きています。

ネガティブな感情になるものできるだけ排除して、ポジティブに生きていきたいですよね。

あなたが貧乏で悩んでいるなら、貧乏ブログを見るのではなく、収入を増やす方法など、原因解決になる記事を読みましょう。

貧乏なのに貧乏の人を見て安心するのでは意味ないです。ずっと貧乏のままです。

他人の投稿に足を引っ張られないように、情報も選んでいきましょう。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です