貯金額は無意識レベルで上限が決められている件【金額をアップデートしましょう】

100万円貯まったけど、それ以上がなかなか増えない…

もっと貯金がしたいのに、なぜか100万円を超えると出費が重なってしまう…

貯金をしようと決めた時に、ある程度目標額を設定しますよね。大体が100万、1,000万、5,000万…など、5の倍数で設定していく人が多いです。

そこでよくあるのが、「目標額に達成した途端、貯金が増えなくなる」「なぜかずっと同じ貯金額のまま停滞してしまう」問題です。同じような状況の方は多いのではないでしょうか。

その上限額は年収はまったく関係ないです。本当に人によって違くて、100万円の人、500万円の人、又はずっとゼロの人…様々いらっしゃいます。私もそうでした。独身時代は200万円、DINKS時代は600万円…なぜかその金額から増えもしなければ、なぜか減りもしない…という現状を味わいました。

本当にその通り…

なぜこんな状況が起きるの?上限額を超えてもっと貯めたい!

今回は、私が個人的に考察した「貯金額の上限が発生する理由」と、上限枠を撤廃する方法をご説明していきます。

深層部分でその貯金額で満足しています

結論から申し上げますと、タイトルの通り「無意識レベルで上限を設定してしまっている」からです。具体的に挙げると以下です。

  • 目標達成したため、もう満足してしまった。
  • それ以上貯めるほど、お金の使い道を具体的に考えていない。
  • 貯金が少ない場合、少ないからこそのメリットを無意識レベルで感じている。

ある程度貯金が貯まってくると、人は満足するんですよ。ハングリー精神が一旦落ち着くので、今度は少しお金を使う時期に入ります。目標を決めて貯めたのなら尚更、その使い道があるはずなので、貯金額は減るのが普通です。

潜在的に、貯めた金額以上のお金を使うことを想定していないケースも多いです。ぶっちゃけ1,000万円あっても、この金額を一気に使う機会は滅多にないですよね?ローンの頭金・自動車の購入・子供の教育資金ぐらいじゃないですか?「それ以上貯めなくても生きていける」と安心している証拠でもあります。

最後に挙げた「貯金がないメリット」って、結構根深いんですよね。

  • 貯金するぐらいなら、「今」を楽しみたい。
  • 貯金があると、お金目当てで寄ってくる人がいる。吸い取られたくない。
  • 貯金がなければ、親などが優しくしてくれたり、援助してくれたりする。

「貯めた方がいいのは分かってるけど…貯金がないない」とか言ってる人って、大体これが理由ですよ。しかも本人は自覚してなかったりするから恐ろしいですよね。

無意識レベルで貯金額が増えないのは、以上のような理由が考えられます。なんとなく自分に当てはまるものがあるかもしれません。

上限額を塗り替える方法

貯金額は、その人のお金の器と同じなので、器を変えなければ貯金額も増えませんよね。その方法を何点かご紹介していきます。

現時点で上限額がいくらなのか把握する

まずは、自分がくすぶっている地点を把握しましょう。自覚がないと改善できませんよね。大抵の人は、この上限額が設定されてることすら気づきませんので、気付くことだけでも大きな一歩です。

新たな貯金額目標を立てる

100万円で止まっているなら金額を上げて200万円、1,000万円なら5,000万円など、2倍以上の金額を設定しましょう。すでに1,000万円貯めてる人は、貯め方も上手ですし収入もそこそこあるはずなので、5の倍数で目標高めでOKです。

この金額は自分のお金の器交換、という意味合いでも高め設定がいいですね。数字で設定しても貯める気にならない方は、5,000万円でできる楽しいことを思い浮かべてみるとやる気が出ますよ

今の貯金額を運用する

貯金を増やすには、以下しか方法がありません。

  • 収入を上げる
  • 支出を減らす
  • お金に働いてもらう

とにかく収入が増えても生活レベルを上げないことは基本中の基本です。しかし支出を減らすには限界があります。極限まで支出を減らしてもストレスが溜まって本末転倒ですので、入ってくるお金を増やすのが一番の近道になります。副業などもいいですが、かなりの労働になりますので、お金に働いてもらうのが手軽でほったらかしで効率的です。

今ある貯金額の半分ぐらいを資産運用していきます。方法は色々あります。

  • 積立の投資信託
  • 株式投資
  • 社債・国債
  • iDeCo

インデックス型の投資信託なら低リスクなのに、銀行の定期預金より稼げます。もちろん売却のタイミング次第では元本割れする可能性もありますが、ぶっちゃけ私は投資信託で損したことはありませんよ。元本割れが怖い方は、社債が有効です。投資信託をiDeCoで運用すれば、節税効果も出て手取り収入も上がります。

上限額をアップデートしていきましょう

まずは「自分の貯金上限額を自覚する」だけでも、自分に少し変化が出ます。貯金額が伸び悩んでいる方は、今すぐに上限額を撤廃していきたいですね。

お役に立てますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です