切迫早産入院でブログ始めました

私は一人目妊娠中に切迫早産で丸二カ月(2015年12月23日~2016年2月19日)入院していました。

入院中は他の方の切迫早産ブログなどを読んで過ごし、とても励まされていました。

現在切迫早産で同じように苦しんでいる人に少しでも元気付けられればいいなと思い、当時つけていた日記をこのブログに少し加筆して載せていきます。

自分の気持ちをただただ吐き出したくて書いたものなので拙い文章です。ご了承の上ご覧ください。

切迫早産とは?

22週以降、37週未満の間に分娩が始まろうとしている状態のことです。

赤ちゃんは37週より早く出てきてしまうと早産になってしまうので、自分でミルクを飲めなかったり呼吸がうまくできない状態で産まれてきてしまいうのです。赤ちゃんがNICU(新生児集中治療室)に入院する必要も出てきます。まだお母さんのお腹にいる必要があるワケです。

では早産になったらどうなるか?生まれた週数に応じて処置が行われます。32週未満、1500g未満、呼吸管理を必要とする、先天性疾患があるなどの場合、赤ちゃんはNICUに入院します。体の機能の成熟度に応じて治療が行われ、体重が2500gを超えたら退院するケースが多いようです。

お腹が張ると陣痛のような症状になるため産まれやすくなってしまうのです。それを防ぐため、お腹の張り止めの点滴ウテロンを24時間やりながら、36週まで絶対安静で過ごす必要があります。

2016年1月30日の記録

昨年2015年12月23日の天皇誕生日、27週で出血して、切迫早産入院になってしまいました。今やっと33週まできました。

毎日5分おきにお腹が張り、ウテロン点滴濃度MAXで頑張っていましたが31週迎えた頃、ついにあの恐怖のマグセント追加になりました((((;゜Д゜)))

夜中2分おきの張りがおさまらず、最終兵器マグセントの投入です。もうすぐ産まれちゃうぐらいの陣痛クラスの張りだそうです。

その日はNSTモニター(赤ちゃんの心拍とお母さんのおなかの張りをグラフ化する分娩監視装置)で下が20、上が80を2~3分おきに行ったり来たり。

ちなみにNSTの数値の見方はこちら

  • 赤ちゃんの正常脈:110~160bpm
  • 張りの値 基準値:20/少しの張り:40~50/強い張り:90以上

だるい、気持ち悪い、血管痛い、全身筋肉痛…

副作用やばすぎるー死ぬー

それでも私の頚菅長は2.5cmをキープし続けてるわけです。子宮口もまったく開いていません。助産師さんも驚きです。

お腹は貼っても、我が子はまだまだ出てくる気はないらしい(゜ロ゜)

マグセント濃度は下がりましたがとりあえずこのマグセントは34週以降は使えないということなので、あと1週間の辛抱です。

がんばれー!!私の赤ちゃん!まだ一緒にお腹にいよう!あんまり張らないでね。無事36週を迎えられますように!

2016年1月31日の記録

今日で妊娠33w2dです。

どうもこんにちは。

今日は張りが少なくて安心しています。

実は私、健康保険はもちろん入っているのですが民間の医療保険って入っていません。

こんなに2か月の入院ともなると本当に入っておけば良かったなと思います。逆にプラスになる人もいます。

切迫早産になる確率は約15あるので、妊娠中だと保険に入れないので結婚や子作りのタイミングで検討されることをお勧めします。

きちんと切迫早産でも保険の対象になっているものを選んでくださいね!!

それでも、高額療養費制度で月10万前後払うだけで済んでいますから、健康保険だけでも素晴らしい制度ですよね。

2016年2月1日の記録

こんにちは。もう2月です。

1月は丸々入院だったので生きた心地がしません。

外は雪降ったり寒かったりなのでしょうが、病院内は暑いので季節感おかしくなりますね。

今日で33w3d。

マグセントは34週以降は使えないということで今日は濃度が6→4へ下がりました。ウテロンは相変わらずMAXですが…段々下げていくのですね。退院が近くなってきたなって実感します。

ところで皆さん入院中って何してるんでしょうか?同室の方はテレビを見たりしてるようですが、私はスマホのワンセグがあるので使ってません。

私は本を読んだり、ゲームをしたり、外をぼーっと眺めて雲の動きを見たり、他の切迫早産患者ブログを読んだりしています。

全身の筋力が落ちて、寝ながら文庫本を持つことすら大変になってますが(゜ロ゜)マグセントと長期入院のせいですね(´;ω;`)

一日も早くここから出たい。普通に生きたい。

って感じで今日も無事赤ちゃんがお腹にいることに感謝し、また明日。

 

続きはこちら

切迫早産入院②シャバの空気が吸いたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です