幼稚園選びはプレが始まる1歳から!選び方は3つ!

幼稚園っていつ頃から調べればいいの?

願書配布が始まってからでも大丈夫?

子供が産まれてから考えることは「保育園・幼稚園」はどうするか?

ということですよね。

保育園に関しては、もう妊娠前から保活をすることが当たり前になってきています。

それに比べると幼稚園は3歳児から入園が通常ですので、もう少し余裕を持って考えられますよね。

しかし

幼稚園選びは1歳のうちにすべきです!!

2019年度に息子を年少で幼稚園に入れましたが、その時の幼稚園選びで苦戦をしました。。。

今回は、私の幼稚園選びで苦労したことや幼稚園の入園基準などをご紹介しつつ、早めに準備した方がいい理由をご紹介していきます。

この記事ではお受験幼稚園などではなく、ごく一般的な幼稚園の選び方をご紹介しています。

入園優先枠の条件

ご存知の方は多いかと思いますが、幼稚園によっては「入園優先枠」というものが存在します

この存在が幼稚園選びを有利に進めることができます。

そこで、よくある入園優先枠の条件はこちらです。

  • プレ幼稚園に既に入園している園児
  • 在園児・卒園児の弟・妹
  • 卒園児の子供
  • 提携保育園の在園児

などが多いですね。

もちろん、幼稚園によっては優先枠そのものがないところもありますので、お調べになってみてください。

優先枠なしで入園しようとすると、先着順や抽選になってしまう恐れがあります!!

前日から並んだり、抽選に外れてしまったり、デメリットが大きいですよね。

すでに上のお子さんが在園していれば兄弟枠でスムーズに入園が可能ですが、一人目の子供の場合は「プレ幼稚園での優先枠」を狙うをお勧めします。

プレ幼稚園の入園方法

幼稚園によって入園要項は異なるので一概には言えませんが、私の住んでいる仙台市でよくある内容はこちらです。

  • 対象園児→1歳児(来年度2歳児)
  • 募集時期→1歳児の秋~冬
  • プレ入園申込金→1,000~4,000円

例えば、今だと「2017年4月2日~2018年4月1日生まれのお子さんを対象に、2019年10月~2020年2月頃に募集開始、2020年4月プレ入園」といった流れになります。

幼稚園によってはこのプレ申し込みが先着順だったり、プレ申込日がその日一日だけ、といった場合もあります。

夏からホームページを見たり、電話で問い合わせるなど、情報収集をしておきましょう。

バス利用希望の方は、バスルートを必ず確認しよう

私はこのバスルートで失敗しました。。。

願書提出1か月前に、自分の家のエリアにバスが来てくれないことが発覚しました。。。

気になった幼稚園のプレは2つ通っていて、子供が気に入っていた方の幼稚園に決めようとしたところ、バスのエリア対象外とは…まじか…とへこみました。

私がプレ申し込み時点できちんと把握していなかったのも悪かったので、まだプレ入園前の方々はバスの巡回ルートをきちんと確認するようにしましょう

PTAなど保護者の活動頻度を聞いておこう

私の幼稚園選びの基準は「保護者手伝いの頻度が少ないところ」を最優先にしていました。

ぶっちゃけ、対価のない労働をさせられるのは断固反対ですので、今でもやりたくないです。

PTAやりたい派の人は、どうぞ、スルーしてください。

この保護者の招集頻度は、幼稚園に直接聞いても詳しく教えてくれませんので、その幼稚園に入っていた子供のママ友に話を聞いてまわりましょう

ママ友なんていない…

そんな先輩ママさんなんて知り合いじゃない…

という方もいらっしゃると思います。まさに私がそうです。

でも、児童館や子育て支援センターなどに、何人かは子連れもママさんはいますよね?

私は、そこでそのママさんと少しお話して上に子供がいるようだったら、幼稚園の話をどんどん質問しました

お話好きな方は多いので、給食や園行事の話など、色々教えてもらえましたよ。

別に仲良くなろうとしなくてもいいので、情報収集のために一期一会を楽しんでみてください。

そんな先輩ママさん達のおかげで、PTAの集まりの少ない幼稚園に無事入園することができました。

早め早めに幼稚園をリサーチしましょう

結論は「1歳台のうちにプレやバス、幼稚園の雰囲気などを事前にリサーチしておきましょう」ということです。

他にも「園グッズは手作り必須が否か」とか「給食は週何回なのか」など、幼稚園選びで気になるポイントは人それぞれ異なります。

あなたが気になるポイントはどこか?に重点を置き、子供と親に合った幼稚園を選べるといいですね。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です