【必見】誰でも分かる消費税増税10%の軽減税率制度・ポイント還元制度

2019年10月から消費税が8%から10%へ引き上げられますね。その代わり、軽減税率制度の導入によって、飲食料品などは8%のまま据え置きとなりました

この据え置きラインが意外と細かく設定されていますので、今回はこれを詳しくご説明していきますね。ついでにポイント還元制度もざっとご説明していきます。

軽減税率の対象は大きく分けると2分野のみ

  • 酒・外食を除く飲食料品
  • 週2回以上発刊されている新聞

以上です。簡単ですね。飲食料品は少し細かいので次で詳しく説明します。

新聞は、定期購読契約をしているものだけです。朝夕に自宅に届けられる新聞のことですね。駅売りの新聞や電子版は対象外なので消費税10%になります。

飲食料品の規定

「食品表示法に規定する食品で、人の飲用や食用に供されるもの」とされています。ぶっちゃけ、売り手側の判断になります

おまけ付きお菓子など、食品とそれ以外の物が一緒になって販売されている一体資産もあります。これは1万円以下で食品の価値の割合が2/3以上だと軽減税率の対象です。

それ以外に、判断が難しいものをまとめました。

消費税10%の飲食料

  • アルコール1%以上の酒
  • みりん・料理酒
  • 医薬品・医薬部外品の薬類

軽減税率対象品(消費税8%)

  • みりん風調味料
  • ノンアルコールビール
  • トクホのお茶など
  • カップ付きの紅茶セット1000円(紅茶700円)

といった感じですかね。調味料と一体資産は注意が必要ですが、結局はお店側の判断になります…

外食のラインはどこから?

“外食かどうかは「役務の提供」か「単なる譲渡」かで判断する”、と政府は発表していますが、よく分かりませんよね。

つまり、店内で食べるか、外で食べるか、ということです。

外食(消費税10%)

  • ケータリング(相手が指定した場所で飲食を提供)
  • 立ち食い蕎麦店など
  • コンビニのイートインコーナー
  • 大学の学生食堂

持ち帰り(消費税8%)

  • テイクアウト
  • 宅配・出前
  • 屋台
  • 新幹線などのワゴン販売
  • 有料老人ホームの食事(640円/1食、1,920円/日まで)
  • 学校給食(小中学校の義務教育学校のみ)

という分類になります。老人ホームと学校給食は例外扱いになります。大学の学食は義務教育ではないので10%です。

軽減税率かどうかは取引時点で判定します。飲食料品を提供したときです。

ファストフード店などで「店内で食べるか」「持ち帰るか」の意思確認を行った段階でジャッジしていきます。テイクアウトで購入後に店内で飲食しても、8%でOKということになりますね。

ポイント還元制度

消費税増税によって消費が落ち込まないようにするための制度です。さらにキャッシュレス化の推進という狙いもあります。以下まとめます。

  • 2019年10月から2010年6月(オリンピック開始前)までの9か月間のみ。
  • 還元率は…中小店舗→5%フランチャイズなどのチェーン店→2%
  • 対象決済手段…クレジットカード、電子マネー、QRコード決済
  • 中小のガス・電気事業者なら光熱費の支払いも対象
  • ポイント支払い・予約購入も還元対象
  • ポイント上限は決済会社が個別で設定

大手コンビニだと2%還元ですね。口座振込・収納代行・使い捨てプリペイドカードは対象外です。

ポイント付与は決済会社が行いますが、通常利用ポイントと同時付与なのか、タイミングはまだ分かりませんね。ポイント発行後、決済会社は国にポイント分を支給申請する、という仕組みまでは発表されています。

上記の決済方法なら、増税前の駆け込み購入をしなくても問題ないですね。現金のみの店舗でしたら駆け込んでみましょうww

まとめ

  • 定期購読の新聞、酒以外の飲食料品で持ち帰り→軽減税率対象8%
  • コンビニイートイン、大学学食は10%
  • ポイント還元は東京オリンピックまでの期間限定、最大5%還元

あと3か月で増税ですね。上記のポイントを抑えて上手に買い物していきましょう。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です